暑中見舞い・残暑見舞いの時期やマナー

暑中見舞いは、季節の挨拶です。夏に、知人などの家を訪問したり、手紙を出したりします。もともとは、1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣うための習慣でした。

暑中の期間は、小暑(だいたい7月7日~大暑までの15日間)、大暑(だいたい7月22日~立秋までの15日間)です。だいたいのところ、7月は暑中見舞い、8月は残暑見舞いとなります。一般的に、暑中見舞いは梅雨明け以降に出します。

暑中(残暑)見舞いの書き方は、特に決まった書き方はありません。一般的に、季節の挨拶、先方の安否を尋ねる言葉、自分の近況、相手の健康を祈る言葉、日付などを書きます。拝啓や敬具などは必要ありません。季節の挨拶として、「暑中(残中)見舞い申し上げます」と書きだす場合がほとんどです。

相手の健康を気遣うためのご挨拶なので、暑中見舞いの場合は、「猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」など相手に配慮した文章を書くとよいでしょう。

カテゴリー: 贈答の基本マナー タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。