冬ギフト=お歳暮?冬の時期の贈り物

冬ギフトはもともとお歳暮の意味を持っていますが、親しみが持ちやすいようにと言う理由や冬ギフトを販売している業者が販売促進できるように冬ギフトという名称でギフト販売をするようになりました。
お歳暮と同じ意味なので、冬ギフトはお歳暮時期に需要が高まりますが、基本的に冬ギフトは一年間お世話になった人に贈る物なので、より年末に贈る傾向があります。

しかし、年末になると冬ギフトを求めている人でスーパーや百貨店、通販サイトなどは一般になるため、最近では11月末くらいから冬ギフトを購入して贈る人が増えています。
ちなみにお歳暮は地域によって差が大きいという特徴があるため、ある地域の冬ギフトになると贈る時期があらかじめ決められていたり、ある地域の冬ギフトになると贈る物が決められていたりするため、住んでいる地域のしきたりに沿った冬ギフトの贈り方は必須になります。

地域によって特別なしきたりが無い場合は決められている冬ギフトの時期に沿って用意して贈ったので問題はありませんが、年末の慌ただしい時期に贈り物をするということなので、自分の都合だけでなく相手の都合を考えた上で冬ギフトを贈る必要があります。
冬ギフトはお世話になった人を対象として贈るものですので、当然ながら親しい間柄の人に贈ることになりますが、場合によってはせっかく冬ギフトを贈っても迷惑になるため、冬ギフトは誰にでも贈るのではなく、必ず贈らないといけない人に絞って贈ることが大事でしょう。

カテゴリー: 冬ギフト タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。