冬ギフト・お歳暮を贈る理由

冬ギフトのように時期によって贈り物をすると言えば、夏ギフトを思い浮かべる人が多くいるのではないかと思います。
冬ギフトがお歳暮なのに対して夏ギフトはお中元と呼ばれていて、冬ギフトも夏ギフトも日本に住んでいる人からすると馴染み深いものだと思います。

ちなみに冬ギフトは年末に贈ることから、「1年間お世話になりました」という気持ちや「来年もよろしくお願いします」という気持ちが込められていることは想像できますね。
一方、夏ギフトに関しては何のために贈るのかよくわからずに贈っている人が多いのではないでしょうか。

基本的に夏ギフトというのは、1年の折り返し地点となる時期に贈るものですが、そのため日頃の感謝を込めて贈るといった意味や、残りの半年もお世話になりますといった意味合いで贈られており、冬ギフトに比べると全体的に安価なケースが多く、冬ギフトよりは重宝されない傾向があるようです。

しかし、付き合いを大事にするのではあれば、夏ギフトも冬ギフトもマメに贈ることが大切です。
夏ギフトや冬ギフトはマナーが試される場でもありますが、ここでしっかりしきたりを守ってギフトを贈ることができたら相手からの好感度はさらに高くなります。

冬ギフトは年末が近いということもあって、年末や年始に使用できそうな食品が多く選ばれる傾向にあります。
夏ギフトは暑くなる時期に贈るギフトなので、どちらかという爽快感のあるものや、食べ物にしてもさっぱりしたものが選ばれる傾向にあります。

カテゴリー: 冬ギフト タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。