冬ギフト・お歳暮を贈る時期は?遅くとも年内に

年末年始は、クリスマス、大晦日、お正月など、イベントが立て続けに続く時期のため、子供からすると楽しみな時期に突入するのでわくわくする時期でもあります。
とはいえ、大人からすれば、連続するイベントのために、お金もたくさん必要になってくるため、財布が厳しくなる季節にもなります。

そして、この時期と重なるのが冬ギフトの時期ですが、クリスマスや年末年始にたくさんお金が必要になると想定されるので、冬ギフトに予算を捻出するのはなかなか難しいことも。
しかしながら、冬ギフトはお世話になっている方に贈り物をして日頃の感謝を伝えるという、昔から続いている習慣の一つなので、少しでも予算を確保して冬ギフトを用意するようにしましょう。

冬ギフトは一年間のお礼を込めるという意味や、新しい年が始まった後もお世話になりますという意味があるため、年末に贈るのが一般的と言われています。
一般的には、12月13日から12月20日ころまでの期間が、冬ギフトを贈る時期とされています。

もちろん年内に届くのであれば、年末に贈るのでも問題は無いのですが、年末になると各家庭では新年を迎える準備で非常に忙しくなっていますし、企業・事業所などはすでに年末年始休業に入っていることもありますので、あまり年内ギリギリに届けることは、かえって迷惑になることもあるので気を付けましょう。

また、年末年始の料理に華を添えられるようにと、新鮮な海産物などを届けるケースもありますが、この場合は年末に合わせて贈るのがベターです。
ただし、送る相手側が旅行や帰省などで長期不在としていることもありますので、宅配便などで届ける場合には事前に確認を取っておいたほうが良いでしょう。

カテゴリー: 冬ギフト タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。