冬ギフト・お歳暮の挨拶状

年末になるとスーパーや百貨店、通販サイトなどで冬ギフト商戦が見られるようになりますね。この冬ギフト商戦が始まると、年末が近いと実感する人が多くいると思います。
冬ギフトは年末の風物詩として、昔から日本では珍しくない光景でしたが、最近ではその内容も多様化して、さまざまなものが贈られるようになっています。

冬ギフトは日頃からお世話になっている方に対して感謝の気持ちを込めて贈るものなので、たとえ高価な贈り物であっても、受け取る側はそれをどう受け取って良いのかわからないことがあります。
そのため、挨拶状を同封して贈るのが一般的です。
この挨拶文は冬ギフトを贈る目的や感謝の気持ちをただ書き綴るのではなく、マナーに沿った書き方というのが大事になってきます。
とくに、相手側がマナーを重んじる人だと、どれだけ良い物が贈られたとしても、挨拶状の書き方が悪いと、せっかく贈り物をしてもかえって印象を悪くしてしまう可能性があります。

若い方などは、どのように書けばいいのか分からないという人も多いかもしれませんが、インターネットで調べるとさまざまな文例が載っていますので、それらを参考にしつつ自分の言葉も織り交ぜていくと良いでしょう。

カテゴリー: 冬ギフト タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。