冬ギフトの渡し方は、配達と訪問のどちらが良い?

冬ギフトは家族や会社関係の人、最近では友人に贈るケースも増えているとか。「この人に贈ってはいけない」というのは基本的にありません。
自分がお世話になっていて、感謝の気持ちを伝えたい、という方に贈ることで良いのですが、どの相手に渡す場合でもその贈り方というのが気になるポイントだと思います。

テレビドラマなどでは、贈りたい相手の自宅に出向いて直接手渡すというシーンがよく見られます。本来のマナーとしては、これが一番でしょう。
とはいえ、現代では年末の忙しい時期に訪問されても応対が大変だという人も増えていますし、遠方の相手だと出向くのも負担が大きくなってしまいます。

そのため、宅配便や百貨店の配送サービスで届けるという形が一般的になっています。
特に、賞味期限が限られる食品などを贈るような場合は、相手側が受け取れるタイミングに届けた方が喜ばれるため、あらかじめ確認をして都合に合わせて届けるように手配するのが親切です。

「宅配便で届けるだけとは失礼な」と考えている人もなかにはいますので、相手に合わせて適切な形で贈るのが大切です。
せっかく気持ちを込めて贈り物を選んでも、相手を怒らせてしまっては大変です。

カテゴリー: 冬ギフト タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。