会社の上司や同僚へ贈る義理チョコの選び方、贈り方、マナーについて

2月14日はバレンタインデー。
日本では、女性から男性へチョコレートをプレゼントするのが習慣となっています。
職場の上司や同僚へ義理チョコを用意する方も多いのではないでしょうか。
そんな義理チョコのマナーや贈り方についてまとめてみました。

贈る時期は?

基本的にバレンタインデー当日(2月14日)に渡すのが妥当でしょう。
バレンタインデーが土日祝日の場合、バレンタインデー当日に会社に居ない場合などは、バレンタイン前後に贈ります。
渡すのが早すぎる、遅すぎるということはないので、あまり気にしなくてもよさそうです。

プレゼントの選び方

会社によって予算が異なってくるでしょうが、一般的な相場は数百円程度のようです。
安すぎず、高すぎないものがベストです。
高級すぎるチョコレートだと、相手に負担をかけてしまいます。
コンビニで売っているものでも、百貨店で売っているブランドチョコでも、通販でお取り寄せしたものでも、貰って嬉しいチョコレートであれば何でもよいでしょう。
ただし、ハート型のチョコレートはできる限り避けましょう。

贈る際のマナー・注意点

感謝の気持ちを込めて贈りましょう。
女性社員でまとめて購入した際は、みんなのメッセージも添えて渡すとよいでしょう。
渡す人数が多くないのであれば、一人ひとりに配っても問題ありません(義理チョコであることをわかってもらいましょう)。
既婚者へ渡す場合は、「奥様とどうぞ」など一言添えると丁寧かもしれません。

カテゴリー: 贈答の基本マナー タグ: , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。