お歳暮の贈り方、マナー(熨斗・表書き・送り状の書き方)

年末は、お歳暮のシーズンです。お歳暮の基本的な贈り方、マナーについてご紹介します。

お歳暮は、なるべく12月25日までには贈りましょう。年を越して贈ることのないよう注意しましょう。どうしても遅れてしまうという場合は、御年賀、寒中見舞、寒中御伺として贈ると良いでしょう。

お歳暮の表書きには、「御歳暮」または「お歳暮」と書きます。一般的なギフトの場合、熨斗を付けて贈ります。水引は、白赤の蝶結びを選びましょう。

贈る際には、送り状を添えましょう。送り状を書くことで、贈り主の気持ちが伝わります。贈る相手によって書き方は異なりますが、季節の挨拶や感謝の気持ち、贈った理由などを書きます。文例集や例文などの本を参考にすると良いでしょう。

カテゴリー: 贈答の基本マナー タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。